プリンストン大学との戦略的提携基金 トップページへ

【プリンストン便り10】歩いて楽しむレイク・カーネギー

みなさま、新年あけましておめでとうございます。

1月に入り、プリンストンの寒さが本格的になってきました。マイナス10度を下回る日もちらほらと。ううう、ブルブル。

大好きな雪は降らないのに、ただただ、寒いという、私としてはちょっと残念な冬です。 

・・・がっ!

うふふ。

今週ついに、カーネギー湖のアイススケートが解禁されました!

111

ひゃっほー

行ってみると、予想以上の賑わい。上の写真では遠すぎて見えづらいけど、向こう岸近くに本当のホッケーゴールまで用意されていました。大人も子供もビュンビュン駆け回っております。

私だって!

112

スケート靴は持ってないけど、果敢にはしゃいでおります。(写真の中央右側にいる完全防備の人物が私です。)

113

ほーら、楽しいなー!楽しいなー!

 

「楽しいな」ポーズをつけていたら、ブーツなのに転びました。

114

ちょっと怖い・・・。

ゆっくり立たなければ・・・。

 

この時ふと、足元の氷が目に入りました。

(あるいは、足元の氷以外視界に入らなかったと言うべきか。)

115

スケートリンクの氷と違って深くまで透き通っています。まっすぐ上に昇る気泡の筋が何本も走って模様みたい。とっても綺麗で、下ばっかり見て歩きました。考えてみると、凍った湖面を見るのなんて生まれて初めてです。

 

きっと、こんな風に足元に転がっている美を見出すために、私はすってんころりんと転んでしまったのですね。美しい心の持ち主は、こうして他の美しいものと無意識に引き合ってしまうのです。

 

さてさて、最後にもう一枚。

116

伝われ!寒さ!!

この時の気温は華氏で21度くらい。ということは、マイナス6度くらいか。

日差しが強く、逆光で撮るとこんなに真っ暗になります。天気のよい日の方が寒いですね。

 

寒くても、冬は冬でガラリと風景が変わるプリンストンの生活は、とーっても楽しいです(ちなみにこの翌日、夫は鼻歌まじりにハワイ出張に出かけました。向こうでは半袖一枚で過ごすそうです・・・。全然、羨ましくなんかないよ。全然)。

 

ということで、冬まっさかりのプリンストンからのお便りでした〜!

今年もよろしくお願いいたします。

 

南崎 梓@プリンストン

Letter from Ms. Yuna Sakuma, Princeton alumnae

2014年11月下旬、アメリカ在住のYuna Sakumaさんが、私たち東京大学渉外本部を訪れてくださいました。彼女は、プリンストン大の卒業生で、東大とプリンストン大との戦略的パートナーシップに大きな期待を寄せているということで、本基金にもご寄付もいただいています。

Yunaさんから本パートナーシップへの思いについてメッセージをいただきましたので、ご紹介いたします。

--------

Dear Members of the UTokyo-Princeton Community,

 

I hope you had a wonderful holiday season and start to 2015. My name is Yuna Sakuma, a member of the Princeton class of 2011. Since the launch of the University of Tokyo-Princeton strategic partnership in 2013, I’ve enjoyed following its activities, including the recent University of Tokyo Day in Princeton.

 

My enthusiasm for the partnership stems from my Japanese background—I grew up going to international school in Tokyo—and my enriching experience at Princeton. I was an undergraduate concentrator in the Woodrow Wilson School of Public and International Affairs, while receiving certificates in Global Health and Health Policy and Environmental Studies. Not only did Princeton provide me with the flexibility in area of study, but it also provided me with opportunities beyond the traditional classroom. For instance, I served as student representative of the program in Global Health and Health Policy and as senior commissioner of a junior year policy task force on the challenge of childhood obesity in the United States. Outside of academics, on the crew team, I coxed the varsity lightweight women’s eight to its first conference championship since 2003. I currently work on the Global Health Policy team at the Center for Global Development and find the partnership model in research invaluable.

 

As the UTokyo-Princeton strategic partnership moves beyond its first few years, I look forward to the continuation of current initiatives and the expansion of efforts.  The research collaborations underway are exciting and diverse in discipline; they hold great potential to become a catalyst for deeper relationships between departments—beyond the immediate content of the grants—at the two schools and spill over to other departments.

Building on the proposal of Professors Leheny and Sato for an undergraduate exchange program, it would be exciting to see the strategic partnership play a role in raising awareness of opportunities, as well as the holistic student experience, of both schools.

 

In the next year, I’m eager to see the mid- to long-term goals of the partnership and how our community can support the achievement of those goals.

 

Best wishes for a prosperous 2015, and I look forward to our further interactions.

 

All the best,

Yuna Sakuma ‘11

ysakuma@alumni.princeton.edu