生研60 トップページへ

【プリンストン便り13】University meets Community!

4月26日は大学と地域のお祭り、Communiversityが開催されました。

141

去年はこの時期一時帰国していたため、私にとっては初めての参加です。

大学に沿って東西に伸びるNassau St.と、その中心あたり、ちょうど大学正門の位置から南北に伸びるWitherspoon St.が歩行者天国になりました。この大きなT字型のエリアに、食べ物やアート作品のブース、音楽演奏の特設ステージが所狭しと並びます。

Communiversityの始まりを告げるのが、Princeton University Bandの行進です。Witherspoon St.を公立図書館前から大学の正門に向かって進みます。

You Tube: Communiversity (動画)

WitherspoonとNassauの交差点で円陣を組み踊り出すメンバーたち。この日の眩しい日差しと共に、お祭り気分を盛り上げます。 

142

Princeton University Bandの演奏が終わると、正門前に作られたステージで、コミュニティと大学関係者それぞれから開式の挨拶が行われました。Eisgruber学長もこの日はカジュアルな服装で登場しました。下の写真は、「音楽と食べ物を堪能しましょう!」と話しているところです。

143

Nassau St.には全部で3つの特設ステージが設けられ、道を歩いていると常にどこかからか楽しげな生演奏が聞こえてきました。 

面白いアート作品のお店があったり…

144

お洒落そうなフードトラックが来ていたり…

145

虎のトランポリン(虎ンポリン、だ!)に行列ができていたり…

146

他にも、警察や消防署の展示ブースもあり、救急車に乗せてもらえるコーナーもありました。うーん、面白そう。次から次に目移りしてしまいます。

が、ここは、うちの「食べ歩き奉行」がマップを見ながらどんどん次の屋台を案内してくれるので、「まずは食べ物確保」という方針におとなしくついてまわりました。

これがOfficial Event Guide。小さな字でお店の名前がぎっしり書かれています。

147

この中からお店探すの、ちょっと面倒くさいなと思ったのですが、夫にとっては全く苦にならないようでした。

さて、やはりこれがなくては始まらない、ということで、まずはTriumphのビールを2種類購入しました。

148 

その後も友人夫婦も巻き込んで、ピザ、パッタイ、パエリア、ハンバーグ、と欲望のままに食べ続けました!

149

1410

1411

1412

1413

1414

ようやくお腹がいっぱいになったので、大学のキャンパスに入ってみましょう。Nassau Hall前の広いスペースもCommuniversityのために解放されており、大学関係者によるブースがたくさんあります。

真っ先に参加したのが、これ。

1415

プリンストン大学の若い男の子たちにパイを思いっきりぶつけて、ストレス発散してきました。

実は、大学の入り口付近で一番目立っていたのが、日本ブース!プリンストン日本人会PJAと日本人学生協会JSAとの共同ブースです。Tシャツや日本の小物販売、書道のサービスなどが行われました。

1416

1416_2_2

1417_3

そして実はわたくしも、折り紙ブースのお手伝いをしました!子供たちに折り紙を教えてあげるお仕事です。

鶴しか折れない私は、紙風船や手裏剣などを見つめる子供たちを言葉巧みに誘導し、ひたすら鶴の折り方を教えました。

とはいえ、お祭りが終わる頃には、私も手裏剣と紙風船が折れるようになっていました。折り紙、面白い!

1418

実は小物ブースで販売した折り紙も、日本人の皆さんの手作り。私も事前に友達と集まって、ちょっと折り紙したんですよ。この日の売り上げは、東北大震災のサポートに寄付されるそうです。微々たる貢献でしたが、参加できて嬉しかったです。 

とっても楽しかったCommmuniversity。

他の大学でもやっているのかな、と調べたところ、「Communiversity」のインターネット検索でたくさんの大学がヒットしました。しかし、よくよく見てみると、他の大学では教育プログラムの一環として行われているものが多く、試験・単位なしの公開授業や、学生同士の交流が目的のものが多いようです。つまり、他の大学はもうちょっと真面目ということかな(地域と大学のお祭りがあるとは聞いたことがあるので、違う名前で楽しいイベントがあるのかもしれません)。

この日は本当に歩くのが大変なくらい、老若男女問わず大勢の人が参加しました。普段は、落ち着いた大人の雰囲気があるプリンストンですが、たまにはこういうのもいいですよね!

最後に、可愛いアーティストの写真を。

1419

だんだんお花も散りだして、初夏の風が気持ちいい季節になってまいりました。暑くなってしまう前に、プリンストンの自然を楽しんでおこうと思います。

それではみなさま、またお会いしましょう!

 

南崎 梓@プリンストン

コメントを投稿